HOME>注目記事>ただ家をつくるだけではない携わりがポイント

やってほしいことだけを伝えない

一軒家

堺の工務店に家づくりを任せるのなら、依頼主はルールやマナーも心得ておきましょう。例えば、換気扇やエアコンなどの設備機器は、竣工間際の段階で一斉に取り付けるので、それまで工務店側がつくり上げてきた繊細な造作や内装を台無しにしてしまうことも少なくありません。もちろん、住宅にとって不可欠な要素で、居心地がよいと感じる空間に設備の居場所も必要です。しかし、できるならば設備が落ち着くスペース、いわゆるニッチを設けることも考えてみましょう。工務店の造作や内装のクオリティを邪険に扱うことのないように、設備を隠すことも依頼主は考えましょう。提案だけ、希望だけを伝えておしまいではありません。

使えるかどうか

作業員

堺で家を建てるにしても、工務店選びが大事になります。今では、注文住宅などの自由な設計が人気化していますから、選び方はただ単に実績があるだけでは足りず、暮らし方もデザインしてくれる地元密着型であることが大事です。例えば、設計上の工夫を施しても、住まい手がこまめに使えないと意味がありません。住まい手が毎日無理なく使える仕組みや仕掛け、暮らし方のアドバイスもする、こうしたことを得意とする工務店を選びましょう。

環境を知るかどうか

女性と模型住宅

工務店選びの基準は、堺という地域の気候風土や敷地の条件に合わせて自然の力を生かすパッシブデザインを取り入れてくれるか、否かです。夏は日射しを遮り、風通しをよくして暑さをしのぎたいものです。冬は、限られた太陽光を採り入れ、蓄えることで暖かさを得るなど、いわゆる快適な住空間づくりを目指してくれることがポイントになります。機械設備の効果に頼るのではなく、様々な工夫を凝らすことができる、環境を知る、そうした基準で選ぶだけで、快適な環境下で暮らすことが期待できます。

広告募集中